看護

パークサイドヴィラの看護師

パークサイドヴィラの看護師の仕事は、主に施設に入居している高齢者の健康管理や薬の管理などです。 介護士が日常生活のサポートをするのに対し、看護師は心身の健康を維持・増進するためのサポートが求められています。
さらに、入居者様に対して、安全で質の高いサービスを提供するために医師や介護士、その他のスタッフとの調整役も担っています。そのためのコミュニケーション能力が重要となります。

サービス内容
  • 施設全体の安全な環境の確保
  • インフルエンザ発生の予防、蔓延の防止
  • ノロウイルス等の感染性胃腸の感染症発生の予防、蔓延の防止
  • 感染症を発症した入居者の管理
  • 薬の管理(服薬管理・外用薬の管理)
  • バイタルサインチェック
  • 吸引・在宅酸素の管理
  • 褥瘡のケア
  • 睡眠のケア
  • 胃瘻管理
  • バルーン管理
  • 病院受診付き添い
  • 他職種との連携を図るマネジメント

病院と介護施設の違いについて

介護老人保険施設は、病院で治療を終了した人が、疾患や治療に伴う安静の為に、それまで出来ていたことが出来なくなり、それまでの生活に戻ることが困難な方々が、元の生活または新しい生活の場に移るための準備の場です。
「入居者がその人らしく生活を送るためにはどうしたらいいのか?」「入居者の家族が求めている生活をどのようにして実現させるか?」などを、介護士やリハビリスタッフ・相談員やケアマネージャーなどと連携をとりながら計画・実行・評価を行っていきます。
また医師・看護師も勤務していますが、診断や新規治療を行う場ではありません。それまで治療していた病院や診療所の方針に則り、治療を継続しながら健康の維持を図ります。そのため、心身の変調を早期に発見することが、老健施設でできる範囲の治療で済ませることに繋がりますし、
病院へ入院となっても、短期間の治療で済みます。 病院では医師が24時間・365日常駐していますが、老健施設では平日の昼間しか医師が勤務しておりません。そのため、状態を的確に医師に伝え、医師からの指示を仰ぎ行動できる看護師の存在は欠かすことが出来ません。